【20代で1500万円貯蓄】29歳で1500万円貯めた私が「やらないこと」11選

てるてる夫婦のブログに訪問いただきありがとうございます。

てるこ
妻のてるこです!
【簡単なプロフィール】
・現在社会人5年目の29歳
・実家が地方
・大学時代から東京都で一人暮らし
・社会人4年目に結婚して二人暮らし開始
・IT企業に勤めるOL(決して高給取りではありません!)
・都内勤務
・賃貸1LDKマンション住み
・現在奨学金返済中

そんなごく普通なOLの私ですが、29歳で私個人の総資産が1,500万円を達成しました!

20代のうちに1,500万円を貯めることができた私が、日常生活や家計管理において「やらないこと」をご紹介します。  

 

「大きな買い物」編

1.「年収アップとともに生活水準を上げ」ない!

仕事での評価や昇格、夫婦共働きのおかげで、収入が大幅にアップしたとしても、収入アップにともなって外食などの贅沢三昧やタワーマンションなどの住居アップグレードを許容していたら、いつまでたっても貯蓄はできません。

てるこ
蛇口をひねって水がじゃばじゃば出てきても、バケツに大きな穴が開いていたら、水はたまりません…。

今まで問題なく生活できていたなら、収入アップ後も生活水準を上げずに生活を維持することはできます家賃の相場は一般的に、

  • 一人暮らしであれば収入の30%(収入が30万円の場合、家賃10万円
  • 二人暮らしであれば収入の25%(収入が60万円の場合、家賃15万円)

と言われています。正直言って、二人暮らしで25%を住居に充てるのはでかすぎると思います。だって、夫婦二人暮らしで子どもがまだいないタイミングが資産形成の絶好のタイミングなんですから、貯蓄率50%は目指したいところです。住居に25%充ててしまったら残りの25%で暮らすのですが、これはなかなか厳しく、そうするとだんだんと貯蓄率は下がってしまいます。 収入の25%までの金額を許容するのではなく、自分たちの住環境にとって譲れない条件を整理し、それが満たす安価の物件を探しましょう。

一人暮らしももちろんですが、夫婦共働きで生活水準を上げないことを実践すると、貯蓄のスピードはさらに加速しますので、興味のある方はこちらもご参照ください!

関連記事

こんにちは。てるてる夫婦(@teruterufufu)の妻 てるこです。 今まで夫婦総資産を公開していましたが、私個人の資産を初公開します。 というのも、今年の6月頃についに個人資産が1,000万円に到達しました!!! &[…]

 

2.「マイホームやマイカーを購入」しない!

こればっかりは住む場所に依存するので、『関東1都3県で夫婦二人暮らし』という前提とさせてください。

人生でお金がかかる物トップが「マイホーム」と「マイカー」です。

マイホームに関しては、「いつかは家を買いたい!」「家を買うのが普通だ!」と漠然と思っている人が少なくないかと思います。かつての私も、いつかは家を買うもんだと漠然と考えていました…。「家を買うのが当たり前!」という先入観を一度疑ってみてください。家を買うのが夫婦二人暮らしであれば賃貸で十分ですし、メンテナンスも不要です。将来的に子どもを望んでいても、何人家族になるかわからない状況でどれくらいの広さ・間取りが必要なのか考えるのは至難の技です。

マイカーに関しては、関東は公共交通機関が発達しているので、車がなくても移動に困ることはありません。車が必要な時はレンタカーや車のサブスクサービスを利用すれば十分です。将来的に子どもを望んでいても、二人までならお父さんとお母さんが一人ずつ手をつないだり、6歳までなら自転車に乗せられたりするので、車がなくてもなんとかなると思います。

 

「日常の買い物」編

3.「現金払い」しない!

現金払いは、知らないうちにデメリットを受けていることがあります。例えば、

  • 会計時に時間のロスや手間が生まれる
  • 落としたら戻ってこない
  • ネットショッピングでは代引き手数料が生じる
  • ポイントが付与されない

などです。特に最後の「ポイント付与」に関しては、キャッシュレス決済の場合、100円の支払いに対して1円分のポイントが付与されるものもあれば、キャンペーン中は20%分のポイントキャッシュバックをしているものもあります。様々なお得サービスにアンテナを張りながら、複数のキャッシュレス決済サービスを利用しましょう。

 

4.「スマホの通信料を大手キャリアで契約」しない!

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)に比べて、格安SIM(ahamo、povo、LINEMOなど)を利用することで、通信料をかなり安価にできます。私は楽天モバイルのを利用していますが、関東であれば通信速度は問題なく使えています。大手キャリアから変更したことで月6,000円ほど通信費を抑えることができました。

 

5.「コンビニで買い物」しない!

コンビニは家の近くにや会社の近くなどちょうどいい立地にあるので利用しがちですが、スーパーと比較してなにかと割高です。 500mlのペットボトルの場合、コンビニは150円に対してスーパーでは90円で売られていたりします。コンビニに対して6割の値段で売られているのであれば、外出の際は事前にスーパーで購入したものを持っていくようにしています。飲料に限らず、お菓子やお昼ご飯などもコンビニでは買わず、スーパーで購入したり弁当を作って持っていくなどして、なるべくコンビニで買い物しないように心がけましょう。

 

6.「ウーバーイーツを利用」しない!

ウーバーイーツなどのデリバリーサービスは、外出の手間が省けるのは便利ですが、配送料が上乗せされることを考えると割高に感じてしまいます。日常的に夫婦で自炊する習慣があるので、デリバリーサービスに頼らなくても食事をすることができます。ホットクックやヘルシオなどの調理家電を持っていれば、手間なく時間もかけずに手の込んだ料理を作れるので、自炊が楽しくなります。

関連記事

こんにちは。てるこです。 ブログに訪問いただきありがとうございます! 私たちは結婚生活が始まった当初からずっと共働きの夫婦です。 結婚して1年間。忙しい時もありますが、ほぼ毎日続けていたことがあります。それは・・・ 夫婦一緒[…]

仕事が忙しくてどうしても晩ご飯を作れない時は、冷凍食品や即席麺などを常備しているので、そちらで代用するようにすれば大丈夫です。

 

7.「タクシーを利用」しない!

タクシーほど割高な乗り物は利用しないことを習慣化することがオススメです。タクシーに乗らなければならない状況って

  • 終電に乗り遅れた
  • 徒歩で移動してたら間に合わない
  • 歩くのが疲れた
  • 荷物が多すぎて歩けない

などがあると思いますが、そんな大変の状態にならないように行動を計画しておけば、きっとタクシーに乗る必要はないかと思います。  

 

8.「ATMの時間外利用」をしない!

これぞ「無駄 of 無駄!」と言ってもいいほど支払うのがもったいない支出です。お金をおろすのに数百円を支払っているなんて考えられないです。「3.現金払い」でご紹介したように、そもそも現金を使わないことを習慣化してしまえば、ATM手数料を支払うという無駄な支出も無くなりますね

どうしても銀行口座から現金の引き落としや他行振替が必要な場合は、楽天銀行などのネット銀行を利用すれば、数回/月であれば手数料無料となることがあるので、私はネット銀行をメインバンクとして利用しています。

 

 

「生活」編

9.「手書き家計簿」をつけない!

家計簿をつけることは非常に重要ですが、手書きにこだわったり、スーパーで購入した食材を一点ずつ事細かに記録したりして、長続きしなくなるようでは意味がないです。

家計簿のつけ方は、自分が無理なく続けられるやり方であればなんでもOKだと思いますので、手書き家計簿を一概に否定しているわけではありません。

私は、買い物のレシートを無くしてしまったり、毎回家計簿を記録するのうっかり忘れてしまったりと、毎日きちんと記録をするのが苦手なので、基本的には「Money Forward Me」を利用して、複数の決済サービスや口座を連携して自動で家計簿をつけています。そして、月末にMoney Forward Meの各項目をスプレッドシートに転記して、夫と一緒に一ヶ月の収支の振り返りを行っています。

 

10.「洋服やバッグ、本をいつまでも所有」しない!

洋服やバッグ、本を多く所有している女性は多いのではないでしょうか。以前の私もそうで、洋服は150着以上もあってクローゼットはパンパンな状態でした。 一着一着見てみると、この一年間で一度も来ていなかった洋服が半分以上あり、広いクローゼットや収納ボックスのスペースを考えると、その分の家賃がもったいないと思い、断捨離を決意しました。150着以上あった洋服は100着まで減り、減ったうちの20着ほどはメルカリなどのフリマアプリで売って収入をを得ることができました。

物が少なくなると家のなかも自分の心もスッキリするので、ミニマリストと資産形成の相性の良さは抜群です。

 

 

「投資」編

11.「銀行口座に全財産を預け」ない!

メガバンの金利は0.002%、100万円預けていても20円しか増えません。ネット銀行であれば、0.2%なので2,000円増えますが、銀行にお金を預けていてもなかなか増えないのが実情です。私は2021年から本格的に投資を始めました。投資と聞くと、

  • 知識がある人しか儲からない
  • 損した時のリスクが大きくて怖い

といった印象を持ちますが、積み立てNISAのような初心者でも始めやすく税金が優遇されている制度を知ってから、投資を始めてみよう!と決めました。

1年2ヶ月の積み立てNISAの実績です。積み立て設定後は全く手をつけていなくても、着実に増えて、市場平均が取れるので、自分のようなズボラ人間でも続けられています。 積み立てNISAをきっかけに、投資信託を増やしていったので、相場の動きで変動はありますが、少しずつ資産も増えていっています。複利の効果を感じるのはまだまだ先だと思うので、これからもコツコツ積み立てていこうと思います。 

 

 

おわりに

  20代のうちに1,500万円を貯めることができた私が、日常生活や家計管理において「やらないこと」をご紹介しました。

 

てるこ
少しでも資産形成のお役に立てたら嬉しいです♪
最新情報をチェックしよう!